転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 営業未経験の転職

営業未経験の転職

転職者の採用は、基本的に今までの経歴を重視する傾向にあります。
今まで経験してきた業種と何も関係ないような職種に転職しようとする場合は、年収ダウン、上司は年下、労働条件も厳しくなるというこの3つのことを覚悟しておきましょう。

幅広いキャリアがものをいうのが営業職です。
営業職出身の人は、企画職や管理職など組織の重要なポジションにつく可能性が高くなっています。
ある意味、ビジネスの花形といえる職種とも言えるのかもしれません。
そのためか、この職種に未経験から挑戦する人は多くなっています。
未経験からの営業職転職に成功するためには、これまでの自分の経験を上手に伝えることです。
モノやサービスなどを提供していく営業職は、自分で仕事を作る仕事とも言えます。
営業職の仕事にこれといったマニュアルはありません。
自ら考えて実行していき、結果を残さなければならないのです。
このような要素をクリアできるような創造性をアピールすることが必要となります。

また、モノやサービスよりも営業スタイルを大切にしましょう。
営業職といっても“新規開拓”や“ルート営業”など、企業や商品によってその働き方は多種多様となっています。
さらには業界でも働き方が異なるもの。
自分の人間性と、やっていきたいスタイルを見極めてチャレンジしていきましょう。

営業職のメリットは、評価される目標が分かりやすいことです。
しかし、数字を残す、イコール、実績ではないのです。
チームで営業していけば自分の役割もあるし、当然クレーム対応もしていかなければなりません。
こうした様々な業務をこなしてこそ、一人前の営業マンとなり得ます。
必要以上に目標・ノルマに敏感になる必要はありません。