転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 業界別事情 > 食品

業界ごとの転職事情

食品

業界概要

1次産業・外食産業も合わせると、規模は70兆円にもなります。外資系・中小企業が中心だった求人は、国内大手増え始め、全体的に求人数は増加傾向にあります。食品業界内でも様々な分野がありますが、注目の分野は拡大し続ける健康食品関係、特に特定保健用食品の数が増えています。

求められる人材

営業職は量販店向けと業務用の2つに分類できます。

量販店向け営業

大手スーパーなどに商品を取り扱ってもらうよう交渉し、売り場でいかにその商品が売上を伸ばして行くかを提案していきます。季節により商品を入れ替える感覚など、他業種との共通点も多く、業界未経験からの転職であれば、この量販店向けの営業となるのが一般的です。

業務用

食品メーカーに原材料を売り込むという営業です。量販店よりも規模は大きいのですが、その材料や、技術の冠する専門知識が必要なため、他業種からの転職は難しいと思われます。

他の業界について