転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 内定・退社

内定・退社について

内定通知

内定通知が届いたら承諾の返事をします。返答をしないと、辞退ととられる事もあります。確実なのは担当者に電話し、直接意思を伝えることです。

退社準備

内定をもらい転職先が決まったら、在職中の場合は退職しなければなりません。
退職の意思は直属の上司に、「相談」の形で伝えるべきです。退職願をいきなり出すのではなく、考えた末の結論で、意思はもう固まっていることを伝えます。円満退社のためには、2ヶ月前には退社の意思を伝えたほうが良いでしょう。
就業規則で「退職日の1ヶ月以上前に退職届を提出すること」などの規定がある場合もありますので確認しておきましょう。

顧客・取引先

顧客、取引先に自分から退職することを伝える必要はありません。後任など今後の方針が決まらないうちから退職することを伝えるのは、混乱を招くだけです。直属の上司から通達があるまでは、伝えることは避けます。

退職日の決定

業務の引継ぎ、残務処理などに無理がないよう調整します。
転職先への入社日はなるべく現在の社内事情を考慮して、決定すべき。
入社日の調整が出来ない場合は、その旨を上司に伝え退職日の調整を願い出ます。

退職届

通常、口頭だけで退職の意思を伝えるものではありません。
書面にし、退職届を提出するのが普通です。
宛名は社長の氏名とし、上司に手渡します。

引継ぎ

どの仕事を誰に引き継ぐのか、スケジュールを立てて、確実に行うようにしましょう。退職日の3日前までに終わるようにすると、予定外のことにも対応できます。

  • ・取引先や顧客の案件ごとに連絡先をまとめる
  • ・これまでのトラブルなどをまとめる
  • ・作成した書類はファイルに残す
  • ・顧客には後任と共にあいさつに行く

会社に返却するもの

  • ・健康保険被保険者証
  • ・社員証明証・名刺
  • ・定期券
  • ・書類・資料・データ

等は全て会社に返却しましょう。

会社から受け取るもの

  • ・雇用保険被保険者証
  • ・離職票
  • ・年金手帳
  • ・源泉徴収票

返却すべきもの・受け取るものに不備があるとトラブルの元となりますから、確認し、返却し忘れや、受け取り忘れの無いようにして下さい。