転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 面接の受け方

面接の受け方

書類選考を通ると次のステップは応募先での試験となります。
面接だけの企業もありますが、同時に筆記試験を行う企業もあります。筆記試験はあくまで面接をフォローする位置づけですが、能力を試されることには違いありません。出来る限り対策をしましょう。
試験に向かう前に、書類が通った段階で企業から筆記試験の有無について連絡があるかと思います。日時のみで特に無い場合はどのような試験があるか質問しても特に問題がありあせん。

筆記試験

転職活動を始める前に、何故転職をしたいのかを考えましょう。

・専門知識試験
業界内で必要な知識などを試されます。
同業種であれば、今までの知識を整理し、他人に説明できるようにしておきましょう。
・一般常識試験
これは積み重ねが無いと回答できないものです。急に覚えろと言われて覚えられるものではありません。
が、時事問題くらいは確認しておいたほうが良いです。
・適正試験
基礎能力を試されます。
公務員試験の問題集などを参考に、対策を立てることが出来ます。
・作文試験
論理性、考え方など多くのことが分かる試験。誤字や脱字などが無いよう注意する。
課題は職種や業種に関係していることが多く、今までの経験に結び付けると書きやすい。

面接

面接時の服装
第一印象で最も大事なのは、清潔感です。営業マンは特に大事です。

  • ・シャツにアイロンはかかっているか
  • ・靴は磨いたか
  • ・ひげやつめの手入れはしたか
  • ・髪型は清潔な印象か
  • ・ネクタイは曲がっていないか

などは身だしなみとしては最低限のマナーです。必ず自宅でチェックしてから向かい、会場についてからのトイレなどでもチェックするようにしましょう。

面接時のマナー

  • ・遅刻は厳禁
  • ・入退室のあいさつを忘れずに
  • ・質問には簡潔に分かりやすく答える
  • ・知ったかぶりはしない
  • ・視線は面接官へ向ける
  • ・敬語に注意

面接で必ずされる質問

・これまで職歴について
今まで何をこなし、何を学んできたかを答える。
必ず聞かれる事ですので分かりやすく、話しやすくまとめておきましょう。
・志望動機
「経験を活かせると思い・・」ではなく、何故その業界・職種を選んだのかを具体的に話せるようにします。転職・退職理由との整合も見られます。
・転職・退職理
前職への不満だけを口にするのではなく、自分がどう対応していたか。改善に努力したかを話すようにします。
・自己PR・自分の強み
自分の強みだと思うなら何を答えても良いです。なぜそう思うのか、具体的なエピソードや、仕事で成果を挙げられる要因につなげられればより良いでしょう。
・何か質問はありますか?
面接の最後には必ず質問を求められます。応募先に対し、質問したいことが無いはずはありません。あらかじめ質問を用意してから向かいましょう。

例)
・中途採用の方はどれくらいいらっしゃいますか?
・御社の今後の事業戦略は何でしょうか?
・面接後に社内を見学させていただいてよろしいですか?
・全国に事業所がありますが、勤務先はどちらになる予定ですか?