転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 書類の書き方 > 添え状の書き方

添え状の書き方

添え状とは?

応募書類における添え状の役割とは一体何か、考えていきましょう。

添え状の役割

応募書類を開いたら履歴書と職務経歴書だけ、というのでは企業側の担当者に唐突な印象を与えてしまうかもしれません。 ビジネスのマナーとしてもアピールできるので添え状について知っておきましょう。

転職活動における添え状の役割の一つとして、挨拶の役割があげられます。 また、自分をアピールするという役割もあるので有効に活用していきましょう。 例えば、履歴書・職務経歴書に書いてある内容をさらにまとめて記述して、総論を書くようにすると一歩踏み込んだ添え状となるでしょう。

添え状の基本的な書き方

添え状の基本的な書き方をみていきましょう。

添え状の書き方

用紙はB5でもA4でも構いませんが、履歴書・職務経歴書とそろえたほうが無難です。 また添え状はビジネス文書でもあるので、基本は横書きとなります。

手書きとワープロ

手書きとワープロ、それぞれの長所がありますが、基本的には読みやすく作成しましょう。 またワープロで作成する際には、職務経歴書と同様、名前は手書きでサインして仕上げましょう。

文頭と文末について

文頭・文末に用いる挨拶をきちんと書き込みましょう。

【文頭】拝啓 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
【文末】まずは取り急ぎご依頼申し上げます。

添え状のポイント

添え状を書く際の基本事項をまとめておきましょう。

簡潔に

履歴書・職務経歴書に比較して、添え状はビジネス文書の一つです。 他のビジネス文書と同様に、とにかく簡潔に、「何を連絡する文書なのか」をわかりやすく伝えるようにしましょう。

書き出し

募集の旨を知ったきっかけや媒体を忘れずに書いておきましょう。

自己紹介・PR

採用担当者が、この後に続く履歴書・職務経歴書に興味を持つように記述することが一番大切です。 自分の人間性、どんな経歴を持っているかなど書いていきましょう。

志望動機、将来の希望

志望動機に関しては、履歴書・職務経歴書作成時に考えていたことで重要な部分を簡潔にまとめて書くようにします。

結び

「是非一度お時間を頂き、面接にお邪魔したい」などというような点を忘れずに書いておきましょう。 最後は「よろしくお願い致します」という挨拶でしめることを忘れずに。