転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 書類の書き方 > 職務経歴書

職務経歴書の書き方

履歴書の書き方

職務経歴書は、どのような業務の経験を持ち、どんなスキルがあって何ができるのかをアピールするものです。履歴書の職歴欄で不足していた業務経験の情報を書くものですが、履歴書の延長ではなく、なぜ自分を採用すべきかが伝わるように書くことが大切です。

職務経歴書用紙

職務経歴書の書式は自由です。履歴書を買うと付いてくる市販の用紙に手書きでも構いませんが、パソコンで作成したほうが見やすいかと思います。

何を書くか?

今までの勤務先の所属部署とポジション、携わった業務とその期間、専門知識、どんな評価を受けてきたかなどを具体的に書きます。
大切なのはどこに重点を置くか?です。志望する業界との接点があればそれをアピールするように書くべきですし、未経験で営業を希望するならコミュニケーション能力をアピールするべきでしょう。応募先とのニーズに合わせてまとめるようにしましょう。

書く項目

  • ・作成(提出)日と氏名
  • ・志望職種
  • ・経歴の概略
  • ・勤務先・所属・ポジション
  • ・職種・担当業務
  • ・専門知識・技術・資格
  • ・評価・褒章
  • ・退職理由
  • ・自己PR・志望動機

基本的な書き方

書式が自由と言っても、読みやすさを第一に考えなければなりません。
代表的な書式は

  • ・年代順に書く編年式
      時系列で記載する。同一業務でのキャリアを積んだ人に向いた書式。
  • ・職務内容を中心に書くキャリア式
      分野ごとに経歴を記載。複数分野で経験を積んだ人に向いた書式。

の二つに分かれると思います。
各項目に「志望職種」「経歴概略」と言った小見出しをつけ、読みやすく作成します。

書くべきポイント

扱った商品やサービス、対象顧客などを書き、実績数値・社内報奨などを記載すると実力のアピールになります。

書類の完成

履歴書職務経歴書が揃って応募書類となります。
どちらかが良ければそれで通るものではありませんから、双方をよく確認し、自分の経歴・意欲が担当者に伝わるかどうか考えて書き、送付・提出しましょう。