転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 書類の書き方 > 履歴書

書類の書き方

履歴書の書き方

履歴書は転職の第1関門です。
応募者の大多数が書類選考で落とされることを考えると、ただプロフィールを書けばよいのではなく、しっかりと自分をPRできるように書きましょう。

  • ・正確・丁寧に記入する。
  • ・空欄をなるべく作らない。
  • ・自分なりの表現で自分をアピール。

が履歴書を書く上で大切なことです。
記入する各項目について、考えて行きたいと思います。

写真

パッと履歴書を見た場合、写真は文字よりも強い印象を与えます。履歴書の写真は選考に向かう分身のように考えてください。目立つ個性をアピールするよりも、清潔感・健康的・誠実さを印象付ける写真を選びましょう。また営業マンはソフトな、人当たりの良さそうな印象を与える表情なども重要なポイントです。スピード写真よりも、写真屋で撮ってもらう方が良い印象の写真が撮れます。

学歴

転職者用履歴書では、最終学歴だけを記入する形式になっているなど、転職者・中途採用者の場合は、学歴はさほど重視されない傾向にあります。とはいえ、留学などアピールできることがあれば大いにアピールしましょう。未経験の業種への転職を考えている場合は、その業種と少しでも役立つことを学生時代に学んでいれば、アピールポイントになります。
また、浪人・留年・中退などブランクがある場合はコメントを添える事で疑念などを抱かれないように配慮することも大切です。面接の際に質問されても答えられるようにしておきましょう。

職歴

転職者が書類選考で最も重視される情報の1つ。どの程度の実務経験・知識があるかを見られるので、会社名の羅列では当然NGです。「職務経歴書を添えるのだから」とは思わず履歴書には最低限の情報は盛り込まねばなりません。「業界」「業務内容」が最低限の情報で、どのようなことを経験し、どのような知識を得て来たのかが伝わるように書きましょう。担当業務を整理し、箇条書きにすると理解しやすい職歴となります。
経歴詐称は当然NG。事実を正確に書かねばなりません。
在籍期間が短い会社がある場合などは「都合により」ではなく、理由を添える、あるいは他の欄で応募先での勤続意思を伝えるなどでフォローします。

免許・資格

免許や資格は仕事に直結しないものでも評価に繋がることがあるので、もれなく記入しましょう。応募先の業務に役立つ資格は、取得にむけて勉強中のものでも意欲のアピールに繋がります。「興味がある」と「取得に向け勉強中」では評価がまったく異なります。退職により抹消となった社内資格でも知識の目安となるので記入すべきです。勉強中の資格や、社内資格などは「その他特記すべき事項」の欄に書くようにし、その欄が無い場合は免許・資格欄に記入してもかまいません。

希望条件・特技

当然ですが、中途採用試験には同じような経歴・年齢・資格所持者が集まります。最も見られるのは意欲・姿勢・職場適正です。「特になし」などの無記入欄はなくし、何故その会社を選んだのかに結び付けられるように書きます。

志望動機

志望動機欄は職歴と並んで重視される項目です。自分なりの情報を記述し、何故この会社を選んだのかを書く必要があります。

希望条件・特技

当然ですが、中途採用試験には同じような経歴・年齢・資格所持者が集まります。最も見られるのは意欲・姿勢・職場適正です。「特になし」などの無記入欄はなくし、何故その会社を選んだのかに結び付けられるように書きます。

避けるべき表現

  • ・「ヤル気は負けません」ヤル気があるのは当たり前
  • ・「社風にひかれて」ホントに社風を理解していますか?
  • ・「色々と学んで経験を積みたい」中途採用者に期待されることってなに?

アピールすべきポイント

  • ・同職種の場合は、キャリアアップしたいという意思を明確に。
  • ・未経験の場合は、関心が一時的なものではないことをアピール
  • ・その会社・業界との接点を明確に。

書類の完成

履歴書職務経歴書が揃って応募書類となります。
どちらかが良ければそれで通るものではありませんから、双方をよく確認し、自分の経歴・意欲が担当者に伝わるかどうか考えて書き、送付・提出しましょう。