転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 転職の準備 > 募集要項の読み方

募集要項の読み方

給与

誰でも気になる給与について。
給与の金額は「額面」となっているのが通常です。
「額面」とは、基本給に諸手当を含んだ差し引かれる金額のことで、「手取り」とは、そこから所得税、住民税や社会保険料などが引かれて、実際に会社から支払われる金額のことです。
差し引かれる金額は、およそ「額面」の20%ぐらいを目安としましょう。
その他にも企業によっては、組合費や社内預金などを差し引かれることもあります。

社会保険

社会保険とは「雇用保険」、「労災保険」、「厚生年金保険」、「健康保険」の4つを意味しています。
「社会保険完備」とあればこの4つがそろっていることになります。
「雇用保険」と「労災保険」は従業員がいる全企業に加入義務がありますが、「厚生年金保険」と「健康保険」は全企業が加入義務があるわけではないので注意しましょう。
また、たとえ4つの社会保険に加入していたとしても、労働時間数や日数によって、雇用保険、厚生年金保険、健康保険に加入しない場合もあるので確認しましょう。

募集要綱に「社会保険完備」と記載されていないなら、社会保険制度がどのようになっているか、事前に問い合わせておきたいものです。

休日

「完全週休2日制」と「週休2日制」がありますが、似ているようで中身は全然違っています。B 「完全週休2日制」とは、年間を通して1週間のうち必ず2日は休めるという意味で、一般的に土曜と日曜、業種によっては平日が休みになります。
「週休2日制」とは、ひと月のうち最低1週は2日休めるということを意味しているにすぎません。
例えば、ひと月のうち週2日休めるのは1週だけで、ほかの3週は週休1日という場合であっても「週休2日制」に入るので注意しましょう。

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは比較的新しい制度で、勤務時間がある程度自由に選べます。
これは始業時間や終業時間が自由となっていて、個人の生活にある程度合わせる制度のこと。
通勤ラッシュを避けられるなどのメリットもあります。
とは言っても、自由に勤務時間を選べる制度というわけではなく、コアタイムという必ず勤務していなければならない時間帯もあります。

交通費

交通費の“一部”を負担してくれるだけの場合もあるのでよく確認しておきましょう。
もし「全額交通費支給」と書いてあるなら、かかった交通費は全額負担してもらえることになりますが、「交通費支給」としか書いていない場合は、社内規定によって額が異なることになります。