転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック > 転職の準備

転職の準備

転職の目的

転職活動を始める前に、何故転職をしたいのかを考えましょう。

  • ・現在の給与、残業時間など待遇に不満
  • ・自分の力をもっと活かせる仕事がしたい
  • ・会社の将来が不安
  • ・キャリアアップをしたい
  • ・他の業界に興味がある

など、理由は人それぞれ違うと思います。
目的は自分の中にしかありませんので、じっくりと考えて、目的を明確にして下さい。
明確にならないと転職活動を上手く進めることが出来ません。
いくら考えても目的が明確にならない場合は、転職する必要は無いのではないでしょうか?転職はひとまずおいて、現在の業務に専念することをお奨めします。

転職情報の集め方

転職の場合は自ら情報を集め、分析しなければなりません。情報の集め方は色々あります。ここでは情報を集めやすいインターネット、的確な情報をくれる人材紹介会社を使った情報収集について掘り下げたいと思います。

インターネット

現在、転職したいと思ったらまずはインターネットで検索するのではないでしょうか?現在は多数の転職サイトや人材紹介のサイトがあり、それぞれに特徴があります。
例えば、IT業界の求人を集めたサイトや、金融系の求人を集めたサイトなど、情報の質の違い、人材紹介会社が持っている案件を紹介しているサイト、企業が求人情報を掲載し、企業と直接コンタクトできるサイトなど、情報の閲覧方法でもサイトごとに違いがありますので、その違いを良く見極めて使いましょう。より多くのサイトを見てまわり、自分に必要な情報がどのサイトで集められるか見極めることが重要です。

人材紹介会社

人材紹介会社に登録すると、紹介会社が希望に合った求人情報を持ってきてくれます。新聞や求人情報誌に掲載されない情報が豊富です。
無料で希望に合う求人情報を得られ、転職活動を進めるにあたってのアドバイスや面倒な雇用条件の折衝も行ってもらえる。また担当者と直接会って相談することで、転職先と自分の希望条件とのミスマッチを減らせます。これを使うメリットは非常に大きいでしょう。

適職の探し方・企業の選び方

選び方のポイントは、最初に立てた転職目的を思い出すことです。
何故自分が転職をするのか?それがこの会社では満たされているのか?念頭において情報を集め、応募先を決めましょう。
会社の業績や給与が良いからという理由だけで決めてしまうとキャリアアップなどは望めず、再び辞めたい・転職したいと思うことになります。

募集要項の読み方

給与や社会保険などは誰でも気になります。
休日の制度の違い、やフレックスタイム制などの新しい制度について紹介します。