転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > 営業マンの為の転職テクニック

営業マンの為の転職テクニック

転職の準備

転職活動を始める前に、何故転職をしたいのかを考えましょう。給与に対する不満、仕事内容への不満、会社の将来への不安、他の業界を見てみたいなど、理由は人それぞれ違うと思います。目的は自分の中にしかありませんので、じっくりと考えて、目的を明確にして下さい。明確にならないと転職活動を上手く進めることが出来ません。いくら考えても目的が明確にならない場合は、転職する必要は無いのではないでしょうか?転職はひとまずおいて、現在の業務に専念することをお奨めし・・・

転職書類の書き方

履歴書は転職の第1関門です。応募者の大多数が書類選考で落とされることを考えると、ただプロフィールを書けばよいのではなく、しっかりと自分をPRできるように書きましょう。転職者が書類選考で最も重視される情報の1つ。どの程度の実務経験・知識があるかを見られます。職務経歴書は、どのような業務の経験を持ち、どんなスキルがあって何ができるのかをアピールするものです。履歴書の職歴欄で不足していた実務経験を書き、自分のスキルが相手に伝わり、自分を採用する必要があるように・・・

面接の受け方

書類選考を通ると次のステップは応募先での試験となります。面接だけの企業もありますが、同時に筆記試験を行う企業もあります。筆記試験はあくまで面接をフォローする位置づけですが、能力を試されることには違いありません。出来る限り対策をしましょう。試験に向かう前に、書類が通った段階で企業から筆記試験の有無について連絡があるかと思います。日時のみで特に無い場合はどのような試験があるか質問しても特に問題がありあせん。具体的に試験はどのようなことを行うのでしょう・・・

内定・退社

内定をもらい転職先が決まったら、在職中の場合は退職しなければなりません。退職の意思は直属の上司に、「相談」の形で伝えるべきです。退職願をいきなり出すのではなく考えた末の結論で、意思はもう固まっていることを伝えます。業務の引継ぎ、残務処理などに無理がないよう調整します。転職先への入社日はなるべく現在の社内事情を考慮して、決定すべき。入社日の調整が出来ない場合は、その旨を上司に伝え退職日の調整を願い出ましょう。顧客、取引先に自分から退職することを伝える必要はなく、上司からの・・・

業界別転職事情

ここ数年好調の自動車業界、成長途上のIT業界、業績が回復してきた金融業界・・・。異業種への転職を考ええている人も多いかと思います。自分が目指す業界ではどんな人材が求められているのか。転職に有利な、業務に役に立つスキルはなんだろう。業界ごとにまとめました。目指す業界の給与水準や採用意欲はどうなっているんだろう。どんな人材が求められているのか。業界ごとにまとめました。他業界への転職を目指している方は是非参考にしてください。

給与水準

年収の平均額を見ると営業職の場合、多少の差はありますが業界によっての大きな差はありません。所属する企業の給与水準や、個人の業績・売り上げによって差が生じています。ではそのインセンティブ部分の比率が高い業種はどこだろう?給与水準が高いイメージのある外資系はホントに日系企業より給与が高いのだろうか?好調な業界はやはり給与水準も高くなっている?など、気になる営業職の給与について業界、年代別にまとめました。
 

転職Q&A