転職したい営業マン!

営業マンのための転職情報を集めました

トップへ戻る サイトマップ

転職したい営業マン! > スキルアップ > 資格

転職に役立つ営業マンのスキルアップ

上司・同僚・部下や担当している顧客と気が合わないからといって逃げる事は出来ません。営業マンにとって人間関係は仕事の基本となります。
実は単純な人間関係。人間関係が良好になるコツを考えたいと思います。

顧客

人間関係は単純なもの。好かれるか嫌われるかだけです。嫌われるよりは好かれたい。
で、相手に好かれるためにはどうするか?手法はいくつか考えられます。

・相手に好意を示す
相手が持っていることが知ると、自分も相手に対し好意を抱く事があるかと思います。それは顧客に対してでも同じこと。自分から好意を持つことが、相手からも好意を持たれる第一歩となります。
・相手との類似点を探す
自分と趣味や考え方、出身地などどこか1つでも似た部分がある人に対し好意を抱くものです。これを利用し、相手からの好意を得る事が出来ます。ほんの些細な事で構いません。学生時代に同じスポーツをやっていただけで好意をもたれることもあるでしょう。
・相手との接触回数を増やす
見慣れたもの、身近なものには好意を抱くものです。用もないのに、得意先を回っている営業マンは意図してか偶然か、顧客に対し見慣れた人として映り、好意を抱かれている事が多いのです。訪問までしなくともメールなどでも構いません。接点を常に持ちましょう。
・身だしなみに気を配る
見た目の印象は非常に大事です。初対面の場合、見た目で印象の9割が決まると言われています。顔をかっこよく整形するわけではなく、清潔感のある服装を心がけるだけで相手の持つ印象はかなり違います。清潔感というのは営業マンには当然のことかもしれませんが。
・相手の話を聞く
コミュニケーションの基本は自分がたくさん話すことではありません。相手の話をキチンと聞くことです。うなずく、相手が話したフレーズを繰り返す、相手の感情に共感する、など相手の話を聞いているんだという態度を示すことで、相手から好印象を持たれます。

以上、人間関係を改善するポイントはほとんど自分自身で解決できることばかりです。自分での改善で、気の合わない顧客が得意先になる、今まで取れなかった仕事が取れるなど仕事上でのメリットは多いでしょう。

上司・同僚・部下

だけではなく、社内の人間関係も同じです。

  • ・相手に好意を持つ
  • ・類似点を探す
  • ・接触回数を増やす(例えば、相談したり、されたりする。)
  • ・身だしなみに気を配る
  • ・相手の話を聞く

これで職場での人間関係に悩む人は、かなり解決するでしょう。
それでも特に明確な理由も無く敵意を出してくる人がいる場合は、どうしようもないかもしれません。成績へのやっかみかもしれませんし、何か別の私事で恨まれているのかもしれません。そんな敵意は気にしないことにしましょう。